オードブルを食べるときのマナー

  • 冷凍技術がオードブルを変えた

    • 立食パーティなどで使われるオードブルは、おもてなしするお客様を飽きさせないようにするために、多くの種類を用意するものです。



      これをひとつひとつ手作りするとなれば、かなりの労力を要します。

      大きなキッチンがあり、何人ものお手伝いさんがいるならそれも可能ですが、一人で準備するとなれば、大変な負担がかかってしまいます。

      そこで仕出しやケータリングなどの利用となるのですが、近頃では冷蔵技術や冷凍技術が向上し、一流ホテルや料亭、レストランの味を家庭でも遜色なく楽しめるほどになっています。



      技術が向上する前は、どうしても冷凍ムラや冷凍焼といった問題がありましたが、それも大きく解消されています。



      自分のうちに収納できるほどの大容量の冷蔵庫があれば、パーティーの日を目処に、早目に準備することも可能です。



      また既に容器に盛り付けられたも冷凍オードブルを直接一流ホテルや料亭、レストランから取りよせ、パーティ開催時間までに自然解凍すると、作りたてのような雰囲気でお出しできますし、しかもゴージャスです。



      盛り付けで悩むこともありません。
      生モノであっても、安全で鮮度が良いままに、おいしく提供できます。
      冷凍や冷蔵の技術が向上したことで、オードブルのケータリング方式も変わりました。



      しかし料理の特性によって、仕出しやケータリングが向いているものもあります。
      上手く組み合わせると、お招きした人に満足いただけるオードブルとなることでしょう。

  • 関連リンク

    • 立食パーティなどで使われるオードブルは、おもてなしするお客様を飽きさせないようにするために、多くの種類を用意するものです。これをひとつひとつ手作りするとなれば、かなりの労力を要します。...

    • 最近、美味しくて便利なことで話題の宅配食事サービスがあります。調理済の食事を自宅まで届けてくれるサービスのことをいいます。...